ロジカルスピーキングによる話の構成

こんばんわー。

運営をしていますコウヤと申します。


今日は論理的な話の構成の仕方について書きたいと思います。

こんな題名で記事を書き始めてなんですが、僕はこの論理的思考というものがとても苦手です(笑)

話し始めるとどうしても気持ちが先走ってしまう事が多く、うまく話がまとまらなくなってしまうのです。話の途中で自分でも「話がまとまらん!!(怒)」と思ってます(笑)


ただ、以前勤めていた企業で、ロジカルシンキングの研修を受けてからスピーチにおいては話がまとまらなくなるという事はなくなりました。論理的に話をつくる基本を教えてもらったからです。

具体的な話の構成は


①まず結論(言いたい事)を伝える


②①を裏付ける理由や根拠を2~4個説明する


③さらに具体的な説明や事例を加えていく。


例として私が『ランニングを習慣にすると人生が豊かになる』というテーマで書くと

以下の様になります。

①まず結論『ランニングを習慣にすると人生が豊かになる』を話す


②理由・根拠を一つずつ話していき、その具体的事例も併せて説明する


③最後に再び結論を述べて締める


どうでしょうか。

意外と簡単にできる気がしませんか?


話の構成の仕方はたくさんあると思いますが、この方法なら言いたい事は伝えることができます!!


意外と簡単にスピーチがつくれる構成なので、是非是非試してみて下さい。


そして、実践で試してみたいという方は、練習会への参加もお待ちしております♪